「肌が汚い」のが治らない意外な原因3つと今すぐできる改善方法

この記事をシェアする

What赤ちゃん

肌が汚い原因はいったい何!?

  • 肌がぼこぼこしている
  • ブツブツ、ニキビができる
  • 毛穴、角栓が目立つ
  • パサパサ皮むけが起こっている
  • いつも頬に赤みがある
  • くすみや色むらがなくならない
  • Tゾーンが脂でギトギト
  • 触ると固くてゴワゴワしている

お肌のこんな症状、いったい何が原因で起こるのでしょうか?

「肌が汚い・・」と悩んでいろいろ努力はしているけど治らない、そんなときは次の項目をチェックしてみてください。

汚肌が改善しない主な原因3つ

1、慢性疲労、ストレス

布団に入っている猫

疲れやストレスは自分では気付きにくいことがよくあります。なぜなら日本人は頑張ることが当たり前で休みなく長時間働くことも当たり前になっているからです。ごく普通の生活をしているつもりでも心も体も実は疲れ切っているかもしれません。

疲れやストレスは体の機能を鈍らせます。自律神経の乱れから皮脂分泌が多くなったり、あごや口周りにブツブツが出やすくなります。また、新陳代謝がうまく行われないことで肌がごわついたり、皮むけが起きたりします。

朝起きるのがツラい、なんとなくだるい、やる気が出ない、最近笑ってない、など心当たりがあれば積極的に回復のための休息をとるようにしてください。

⇒疲れ、ストレスはこまめに解消する

1日の理想的な睡眠時間は7時間半~8時間半とされています。しっかりと睡眠をとることは美肌になるための重要ポイントです。睡眠時間はたっぷりとるようにしましょう。

それに加えて実践して欲しいことは、仕事中は90分に1回の小休憩をとることです。水を飲んだりストレッチをしたり、1分ほど静かに目を閉じて休みます。こまめに休憩をとることで回復が早くなり一日をより楽に過ごすことができます。

2、腸内環境の悪化

腹部

「腸がきれいな人は肌も美しい」と言われています。腸が元気に働いているときは体全体が健康でいられるそうです。逆に腸の調子が悪いと体の調子もお肌の調子も悪くなってしまいます。

腸内環境を悪化させる原因とは?

  1. 食べ過ぎ、飲みすぎ
  2. 早食い
  3. 生野菜やフルーツをあまり食べない
  4. 睡眠不足
  5. ストレス

腸に負担をかけることが何よりも腸内の悪玉菌を増やし、毒素を発生させ、便秘を引き起こし、お肌の不調を引き起こします。また生の野菜不足による酵素の不足も美肌が作られない原因になります。

⇒腸内環境をよくする生活習慣を身につけよう

にんじんを食べるうさぎイラスト

  1. 食べ過ぎ、飲みすぎに注意しよう
  2. 食事はゆっくりよく噛んで食べよう
  3. 生の野菜やフルーツを食べて酵素を補給しよう
  4. しっかり睡眠をとり、ストレスをためないようにしよう

3、肌の隠れ炎症

肌荒れイラスト

肌トラブルの原因の3つめは「肌の隠れ炎症」です。ニキビのように肌の表に出てくる炎症とは違って、肌の内側で静かに炎症を起こし続けている炎症を隠れ炎症と言います。皮膚の内側に小さなブツブツがたくさんできていたり、頬の広い範囲が赤くなっている場合は隠れ炎症かもしれません。かゆみを伴うこともあります。

隠れ炎症を起こす理由

  1. 肌のバリア機能が低下している
  2. 肌の常在菌のバランスが崩れている
  3. 肌に合わない化粧品を使っている

これらの肌状態を引き起こす原因は、疲れやストレス、睡眠不足、栄養不足、腸内環境の悪化など様々ですが、それに加えて顔の洗いすぎや、化粧品によるかぶれなども隠れ炎症を引き起こす原因になります。

⇒肌を健康な状態にするためにすること

  1. 顔を洗いすぎない
  2. 保湿をしっかりする
  3. 肌に合わない化粧品の使用をやめる

洗顔料は1日2回以上使わないようにする、クレンジング+洗顔料で洗っている場合はクレンジングをW洗顔不要のものに切り替えるなどお肌を洗いすぎない工夫をしてみてください。

お肌に優しいおすすめクレンジング「kikimate」(外部リンク)

■合わせて読みたい参考記事
季節の変わり目のヒリヒリ、カサカサから肌を守る方法(秋冬編)

保湿はお肌を守るだけでなく、正常なターンオーバーを促したり、過剰な皮脂分泌を防ぐ上でも大切です。

肌に合わない化粧品はトラブルの元ですが、何が自分の肌に合っていないのか?そもそも化粧品のせいなのか?よく分からない場合もありますよね。もし化粧品のせいかな?と思ったときは化粧品をお肌に優しい敏感肌用に切り替えて様子をみてみるといいかもしれません。

管理人ぴかちゃんのおすすめ化粧品

もしニキビやニキビ跡、肌の凸凹に悩んでいて良い化粧品が見つからないというときは「ピュアレーヌ」を試してみてください。口コミで広まっている薬用ジェルです。敏感肌でも使える肌への優しさ、肌の炎症を抑えながらたっぷり保湿ができてお肌がつるつるになります。美白効果があり肌の色ムラをきれいにしたいときにもおすすめです。

ピュアレーヌ

⇒ピュアレーヌ詳細(公式サイト)

自分に優しく、美肌を目指そう

嬉しそうなイラスト

まずは疲れやストレスをためないことを意識して生活してみてください。こまめな休憩とたっぷりの睡眠が大切です。

好きな本を読んだり、お風呂にゆっくりと浸かったり、音楽を聴いたり、自分の好きなことをする時間も大切にしてみてくださいね。

あなたのお肌が美しく輝きますように。