ペアアクネクリームWを使ったら赤くなってヒリヒリしてニキビが悪化

この記事をシェアする

ペアアクネクリームWを使ったら赤くかぶれてヒリヒリ 何がいけないの?

ペアアクネクリームW

「突然肌に合わなくなってしまいました。コレを塗ったところだけ真っ赤に腫れてカユカユに。しばらく使用をやめて、治ってから再度使用してみるとやはり同じ状態に」引用:http://goo.gl/W0FC6o

「初日、夜寝る前に付けてみると・・・翌朝、ニキビがかなり小さくなって治りかけてる!やった~と思い、その日は昼間もメイクの上からちょこちょこ塗ってみました。透明だし、ファンデもあまりヨレなかったのでいいなぁと思っていたのですが・・・夕方には肌がかさぶたのように硬くカサカサになり、ピリピリと痛痒くてたまらない状態に(泣)帰宅して急いでクレンジングしたら超しみるし、ファンデ落としたら薬を塗った部分だけ真っ赤に腫れてました・・・。」引用:http://goo.gl/EUvvt9

「よく雑誌にも載っているので使ってみましたが、私には合いませんでした…治るどころか炎症が悪化。ニキビの周りに小さい白ニキビが大量にでき、皮膚科行きです」引用:http://goo.gl/ZRsx0M

ニキビのお薬を使うと、肌が赤くかぶれたりヒリヒリしたりすることがあります。原因はいったいなんなのでしょう?

原因1、肌が敏感な状態で刺激を受けやすくなっている

季節の変わり目やお肌が乾燥しているとき、女性の場合は生理の前後に肌が敏感になり、肌に刺激を感じることがあります。この場合は肌の状態が改善すれば薬の刺激も受けにくくなります。

原因2、薬の成分による副作用

医薬品の成分はその効果が認められているものですが、起こって欲しくない反応(=副作用)も起こることがあります。副作用の起こる確率は0.1%(1000人に1人)以下のこともあれば5%(1000人に50人)以上でも流通している医薬品はあります。

鏡を見る女性

ペアアクネクリームの副作用

関係部位症  状
皮膚

発疹・発赤、かゆみ、
刺激感(ヒリヒリ感)、
はれ(腫脹)、
乾燥化(つっぱり感)

皮膚にこれらの症状が現れたときは副作用の可能性があります。

どの成分があやしい?

わたしは専門家ではないので正確なことはわかりませんが、薬の効果や刺激の強さなどを調べたところ、ペアアクネクリームに入っている二つの有効成分による副作用の可能性が高いように思いました。

<ペアアクネクリームの有効成分>
イブプロフェンピコノール(IPPN)
イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
このふたつの成分は他のニキビ薬でも使われていて、「かぶれた」「ヒリヒリした」という口コミは少なからずあります。「ニキビがすっかり治った」という人がいる一方で、お肌に合わず副作用が出てしまう人もいるんですね。

副作用が出たときの対処法

  1. 薬の使用をすぐにやめる
  2. 肌に薬が残っている場合はしっかり洗い流す
  3. なるべく肌に刺激を与えないようにして様子を見る
  4. 症状がひどいときや改善されないときは医師に相談する

顔を洗う女性

ニキビへの効果と肌への優しさの関係

ニキビのお薬は高い効果を期待できる一方で、肌への刺激が心配でもあります。なぜなら有効成分の配合量の上限が医薬部外品や化粧品に比べて高くなっているからです。成分を多くしたほうがより早く効果を実感できるのだと思いますが、ニキビ薬で副作用が出てしまう場合は、医薬部外品(薬用)を試してみるといいかもしれません。医薬部外品は医薬品に比べて効果は穏やかですが、効果・効能が認められているものです。

⇒薬用ノンエー石鹸は本当に効果があるのか検証してみた結果