ニキビの原因!亜鉛不足になるのはこんな人!

この記事をシェアする

亜鉛不足はニキビのもと あなたは大丈夫?

2c564ec3139b918fa14bfca6ffb4713f_s

亜鉛不足でニキビができるのはこんな人

  • ダイエット中で食事制限をしている
  • よく運動をするが栄養のことは気にしていない
  • インスタント食品が好きでよく食べる
  • 外食が多い
  • スーパーに行くとつい便利そうな加工食品を買ってしまう

ニキビができる原因のひとつとして亜鉛不足が挙げられます。バランスの良い食事を心がけていれば通常亜鉛不足になることはありませんが、無理なダイエットや栄養不足、亜鉛など栄養素が失われてしまっていることが多い加工食品の摂りすぎは亜鉛不足の原因になります。

亜鉛を摂るとニキビが治る?

亜鉛はミネラルの一種で、たんぱく質を作るサポートをしています。亜鉛が不足することでニキビができやすく治りにくい体質になることが考えられます。肌だけでなく亜鉛は体中のいろいろな機能を支えているので、亜鉛不足がニキビの原因である場合は亜鉛を補うことでニキビの改善が期待できます。

亜鉛が不足するとどうなる?

  1. 肌が乾燥する
  2. 皮膚炎になりやすくなる
  3. 傷や炎症が治りにくくなる
  4. 爪や髪のツヤが失われる
  5. 毛が抜ける(脱毛症)
  6. 鉄欠乏性貧血になる
  7. 味覚障害が起こる
  8. カルシウムが吸収されず骨粗しょう症になる
  9. 免疫力の低下で感染症にかかりやすくなる
  10. 子供の場合成長障害になることも

亜鉛は体のいたるところで大事な役割を果たしている重要なミネラルなんですね。

亜鉛だけを摂るのはNG

肌の潤いや皮膚の再生にも関係している亜鉛。亜鉛の不足によってニキビや肌荒れが起こっているのなら、亜鉛を補給しよう!と思いますよね。でもサプリなどで亜鉛だけを摂取するのは間違い。なぜならミネラル類はそれぞれが相互に作用しあって働くので、なにかひとつだけを多量に摂取するとバランスが崩れて逆効果なのです。

亜鉛の摂取は、日々の食事の中に亜鉛を含む食品を取り入れ、他の栄養素と一緒にバランスよく摂取するのが望ましいです。

何を食べればいいの?

【亜鉛を多く含む食品】

生牡蠣、豚レバー、肉類全般、魚介類、たまご(卵黄)、チーズ、たらこ(生)、ココア、抹茶、松の実、ごま

お肉や魚、卵を普段から食べているのであれば亜鉛不足になる心配はありません。バランスよくいろいろな種類の食品を食べるようにしたいですね。

ニキビを内側から治す!体質改善おすすめサプリメント