顔の脂が臭い!!!でも嗅いでしまうのには理由があった

この記事をシェアする

そろそろおやつの時間・・・チョコレート食べちゃお

ん??なんかにおう!!

チョコレート腐ってる?

いや違う、このにおいは、このにおいは・・・

わたしの顔のにおいだーーー。

顔が臭くてびっくりする女性ギャー!

臭いけど嗅いでしまうよ

こんにちはぴかちゃんです。

なんだか顔が臭いときってないですか?

毎日?

ですよね、わかります。

そしてくさいんだけどくんくんしちゃいますよね。

自分のにおいってなぜか臭くても嗅いでしまう。

これには科学的根拠があって「人は慣れ親しんだものを好むから」らしいですよ。

生まれたときから慣れ親しんだ自分のニオイはおならでも足のニオイでもなんだか愛しい。もちろん顔アブラのニオイも。

それはそうと顔の脂はなぜ臭くなるんでしょう?

顔の油が臭い理由

それはずばり皮脂の酸化です。

皮脂が空気中の酸素と結びついて脂肪酸になります。この脂肪酸が強いにおいを発して「くさっ!」ってなるんです。

ニオイを防ぐには?

解決法1、皮脂が酸化する前に洗い流す

洗いすぎは乾燥を招くので良くないですが、洗顔料を使わずに水だけで洗うなら洗顔回数を増やしてもOK。洗顔後の保湿はしっかりと。肌の乾燥もまた皮脂分泌が多くなる原因になります。

解決策2、過剰な皮脂分泌を抑える
皮脂がたくさん出ているとそのぶんニオイを発する脂肪酸もたくさん作られてしまいます。皮脂の量が適正であれば、はっきりとわかるほどのニオイはでなくなります。

多すぎる皮脂分泌を適正に保つには?

  1. ストレスをためない
  2. 食事はバランスよくいろんな種類のものを食べる
  3. よく寝る

ストレスがたまると男性ホルモンが多く分泌されて皮脂分泌も多くなります。ストレスをなくすことはできなくても、うまく発散してためないようにしたいですね。

栄養に偏りがあると皮脂分泌も多すぎたり少なすぎたりしてしまいます。なるべく様々な栄養素をまんべんなく摂れるように食事を工夫しましょう。

眠っている時間は心と身体のメンテナンス時間です。腸の状態が肌に現れると言われますが、大事な腸も眠っている間に消化・排便の準備をします。忙しくても7時間前後の睡眠時間は確保したいところです。