肌トラブルの原因は8割これ!

この記事をシェアする

肌トラブルの原因の80%はこれだった!

驚く女性3

ニキビ、ぶつぶつ、吹き出物、乾燥、かゆみ、化粧崩れ・・・お肌の調子が悪くなる原因は突き詰めてみるとたったのふたつなんです。

  1. お肌に残った汚れ
  2. 皮脂の取りすぎによる乾燥

お肌についた汚れ、酸化した皮脂、毛穴に詰まった化粧品、これらは洗顔のときにしっかりと洗い落とされるべきもの。なんらかの理由で汚れが肌に残ってしまうと毛穴が詰まってニキビができたり、炎症を起こしてかゆみを感じたりします。

また、洗浄力の強い洗顔フォームを使ったり、熱いお湯ですすいだりすることで肌を乾燥させると、お肌の水分を守ろうとして皮脂分泌が活発になり、結果ニキビやぶつぶつができてしまいます。

肌トラブルの原因として、食事のかたよりや睡眠不足やストレスなども関係してきますが、極端な場合を除いて、直接的な原因は肌表面の状態によるものなのです。

肌トラブルを起こさないために大事なこと

トラブルのない美肌になるために大切なことは、「お肌の潤いを守りながらも汚れをしっかりと落とせる洗顔をすること」です。

美肌になる洗顔の基本

  1. 肌質(オイリー、混合、乾燥)に合った洗顔料を使う
  2. 洗顔の泡を乗せておく時間は30秒以内にする
  3. 水に近いぬるま湯ですすぐ
  4. しっかり顔のすみずみまですすぐ
  5. 洗顔後の保湿はたっぷりと

どれも基本的なことですが、これができているかできていないかでお肌の状態がぐんと変わってきます。適切な洗顔で肌トラブルが起きないようにしたいですね。