ニキビができるってことはまだ身長伸びるよね?

この記事をシェアする

思春期ニキビ=成長ホルモン=背が伸びるはず!?

低身長

「もっと身長が高くなりたい。」そう思い続けているうちにもう高校生活も終わりそう。このまま身長は止まってしまうの?

いやでもまだニキビはでき続けているし身長も伸びるはず!背が低いと悩んでいるあなたはそんな願いと不安を抱えながら日々を過ごしているのではないでしょうか。

確かに思春期ニキビができているうちは成長ホルモンが分泌されていて身長も伸びる可能性があります。ただ身長が伸びる条件は成長ホルモンだけではありません。どの程度まで伸びるかはその他の要因も関係してきます。

身長が伸びる要因

  1. 成長に必要な3つのホルモン(成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモン)が分泌されている
  2. 骨の成長に必要な栄養素が体内にある
  3. 適度な運動をしている

ホルモンの中でもとくに重要な成長ホルモンは、睡眠中(とくに深い眠りのとき)に多く分泌されるので、しっかりと睡眠をとることが大切です。

また身長は骨が成長することによって伸びるので骨の形成に必要なたんぱく質やカルシウムを十分にとる必要があります。

適度な運動は骨の成長を促すと言われています。ただし身体に負担がかかりすぎる運動は逆効果です。ひどく疲れるような過度な運動は避けた方が良いでしょう。

身長を伸ばすためにすること

  1. よく寝る
  2. 食事はバランスよく、たんぱく質とカルシウムをしっかり摂る
  3. 適度に運動する

食べるものは牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品がカルシウムの吸収率がよく、良質のたんぱく質も豊富でおすすめです。

遺伝は関係ある?

身長は遺伝によって決まっていると言われることがあります。その一方で遺伝は関係ないという説も。どちらが本当なのでしょうか?

はっきりとしたことはまだ解明されていませんが、両親の身長が低くても子供の身長は高くなることもありますし、同じ親から生まれた兄弟でも身長は高かったり低かったりさまざまです。

遺伝の影響というのは多少なりともあるとは思いますが、それ以外の要因のほうが影響は大きいのではないでしょうか。

つまり眠りの深さや時間、食の好みや食べる早さ(消化、吸収、代謝に影響してきます)、日々の運動量などが身長の伸び具合の主な要因ではないかと思います。戦後、食の欧米化によって日本人の体形はかなり変化しましたしね。

成長ホルモンが減少するのは20代半ば頃。あなたがまだ10代なら希望をもって身長を伸ばす方法を実践してみてくださいね。

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル