背中ニキビが全然治らない理由、ついに判明!

この記事をシェアする

背中ニキビが治りにくいのは背中の皮膚が厚いから!

どのくらい厚いかというと、顔の皮膚の約5倍!

顔の角質層の厚さは約0.02mm、食品用ラップと同じくらい。

食品用ラップ

背中はその5倍なので0.5~1.0mm。ラップ5枚重ねたくらいと考えると分かりやすいですね。

一般的に化粧品成分が浸透するのはこの角質層部分のみ。この角質層にニキビ予防成分や保湿成分が届いていなければ化粧品やお薬を使っても意味がありません。

表皮組織図

成分が届かない!保湿ができない!

角質層が潤いで満ちているかどうかで肌トラブルを回避できるかどうかが決まるといって言いほど、角質層にとって潤いは大切です。

角質層の水分と油分とがちょうどよいバランスで保たれていると、肌のターンオーバーが正常に行われ、古い角質がたまることもなく、毛穴からスムーズに皮脂や老廃物が排出されて、ニキビも発生しません。

ニキビの予防に保湿はとても大切なんですね。

しかし、ラップ1枚分の角質層でも潤いを保つのに四苦八苦しているのに、ラップ5枚分となると・・・。

顔のニキビは治っても背中ニキビは治らない

顔に効果があったニキビケアジェルを背中に塗っても背中ニキビが治らない理由は、背中の皮膚が厚く化粧品が浸透しにくいから

背中ニキビを治すためには、浸透力にすぐれた保湿剤を使う必要があります。

OKしている女性

角質層の全体をしっかりと潤いで満たすことでニキビもニキビ跡(色素沈着、凸凹)も改善していくことができます。

背中の角質層にも浸透する超低分子保湿成分

化粧品成分が浸透するのは角質層のみと書きましたが、多くの場合、角質層内部にまでは浸透せず肌の表面を覆っているだけです。成分の分子が大きいため浸透していかないのです。

化粧品の保湿成分として使われるものに「加水分解ヒアルロン酸」というものがありますが、これはヒアルロン酸を超低分子化したもで、角質層の一番奥まで浸透することができます

女性のきれいな背中

通常のヒアルロン酸スーパーヒアルロン酸なども分子は大きめですが角質層の中ほどまで浸透していきます。

背中ニキビ対策にはこうした浸透力の高い成分が入っているケア用品を使うと効果的です。

肌に浸透する3つのヒアルロン酸を配合した背中ニキビ用ジェル ジッテプラス

背中ニキビ用ジェル【Jitte+(ジッテプラス)】
には角質層を潤いで満たす「加水分解ヒアルロン酸」「ヒアルロン酸」「加水分解ヒアルロン酸」がすべて配合されています。また、成分の浸透を助ける「ナノセラミド」も配合。これらの成分が肌の表面から奥までまるごと潤いで満たしてくれます。

ジッテプラス

さらにニキビ予防成分はもちろん、美白成分も入っているからニキビ跡のケアまで同時にできます。医薬部外品(薬用)だから効果は立証済みです。

Jitte+ で背中がきれいになったタレントさん

グラビアアイドルの手島優さん、タレントの鈴木奈々さんもジッテプラスを愛用されているとのこと。

ジッテプラスの発表会の映像です。

おふたりともとってもきれいな背中ですね!

senaka

出典:http://lineblog.me/suzukinana/

今まで何をしても背中ニキビが治らなかったあなたに

ジッテプラス初回980円

Jitte+は今までいろいろ頑張ってきたけど背中ニキビが全然治らなくて困っている、そんな方にぜひ試して欲しい背中ニキビ専用ジェルです。

今なら初回限定価格980円で背中ケアを始めることができますよ。

詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

⇒初回限定980円で買えるJitte+公式サイトはこちら