肌が乾燥してカラカラ!化粧水たっぷり、パックもしてるのになんで?

この記事をシェアする

夏でも冬でも肌が乾く、こんな症状ありませんか?

頬に指を当てる女性

  • 肌が乾燥してカラカラのカサカサ
  • 皮膚が粉をふいたように白くなる
  • 化粧水や乳液、クリームをつけても治らない
  • ぬるま湯で水洗顔しているけど効果なし

お肌がカラカラに乾燥してしまう原因は?

雪の日の女性

お肌を乾燥させてしまう原因には、空気の乾燥などの外的要因と、体内の潤い成分が不足する内的要因とがあります。

肌の乾燥をまねく外からの原因

  1. 季節的な空気の乾燥
  2. エアコンや冷暖房による空気の乾燥
  3. 洗顔のしすぎ、ケアのしすぎで角質が薄くなっている

肌の乾燥をまねく内的要因

  1. 体内の水分不足
  2. 体内の油分不足
  3. ホルモンバランスの変化

肌の水分量・油分量を上げる方法

空気の乾燥で肌が乾燥するときの対策

加湿器

  • 肌の奥までうるおう基礎化粧品を使う
  • 乾燥する場所ではマスクをする
  • 加湿器を使う

洗顔のしすぎ、ケアのしすぎで肌が乾燥する場合

目を閉じてリラックスする女性

洗顔のしすぎ、ケアのしすぎというのは本人に自覚がないことがあります。

乾燥肌なのに朝晩洗顔料を使って洗っている、または皮膚が薄くて敏感肌なのにレチノールやピーリング効果のある化粧品を使っているといった場合は、少し洗顔やスキンケアを控えてみてください。

  • クレンジングのあとの洗顔をやめてみる
  • 朝は洗顔料を使わないようにする
  • 休日は顔をまったく洗わずに1日過ごしてみる
  • ピーリング作用のある化粧品の使用をやめてみる

乾燥肌の場合、洗顔をしないことで肌の調子が良くなることがよくあります。がんばりすぎないことも、ときには大切です。

体内の水分不足・油分不足の解消法

体内の水分不足・油分不足を解消するのに最も効果的なのは、食事を見直すことです。

食事

いろんな種類の食べ物をまんべんなく食べることで、栄養素が相互に作用しあって、理想的な肌を作ってくれます。バランスのとれた食事をしていれば水分保持に必要なヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどは自然と体内で合成されます。

栄養素には水溶性のものと油溶性のものがあり、生で食べることで摂取できる成分、油で炒めて食べることで吸収されやすい成分があります。同じ材料でも日によって調理法を変えるといいですね。

ホルモンバランスの変化による乾燥に対する対策

ホルモンバランスの変化で肌が乾燥することがあります。ストレスや加齢によって女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで肌の水分量をたもつ働きが弱まってしまいます。

対処法

  • ストレスをためないようにする
  • 女性ホルモンの働きを高めるバラの香りをかぐ
  • エストロゲンの働きをサポートしてくれる大豆製品を食べる

今すぐお肌を潤わせるためにできること

研究

日々の乾燥対策や食事が大事とはいえ、カラカラに乾いた肌は今すぐなんとかしたいですよね。

そんなときはサイエンスコスメを使うと効果的です。

肌の奥深くまでうるおいをとどけてくれる先端テクノロジーの力を借りましょう。今まで何を使っても潤わなかった肌に変化を感じることができるかもしれませんよ。

カラカラ乾燥肌におすすめのサイエンスコスメ・ビーグレン

ビーグレン乾燥保湿ケアセット

「美容成分を角層の奥まで届けると同時に、肌の中に長時間とどまり、効果を持続させます」

それを可能にしているのがビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome®(キューソーム)です。

他の化粧品とは違う、確かな潤いをあなたの肌で感じてみてください。

【ビーグレン】浸透保湿ケア・トライアルセットを見てみる