背中ニキビの原因って水分不足なの?実は背中の皮膚は乾燥しやすいその理由

この記事をシェアする

その背中ニキビの原因、水分不足かも?

背中はいつも衣服でおおわれているため乾燥よりもむしろ汗や皮脂が背中ニキビの原因と考えがちですが、実はニキビの原因は乾燥であることが多いのです。

ブロンド女性の背中

肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ごうと肌が皮脂を分泌します。このため肌の表面はうるおっているように見えるのですが、実は肌の奥はカサカサに乾いていることがあります(インナードライ)。

そして皮脂が過剰になると毛穴がつまりやすくなりニキビの原因となります。

服を着ていても乾燥するの?

服を着ていてもそれだけで肌の乾燥を完全に防ぐことはできません。衣服を通して肌の水分は少しずつ外へ出ていっています。

なぜ背中だけ?

senaka

背中にニキビができやすい理由として、

背中は皮膚が厚く(顔の約5倍)、保湿がしにくく、乾燥しやすい

ということが挙げられます。

保湿のためにボディローションなどを塗っていても、肌の奥まで浸透しにくく、内部が乾燥したままになりやすいのです。

背中を乾燥させない下着をつけよう

干されているTシャツ

冬になると暖かい下着を着たくなりますが、ヒートテックなど汗を吸い取って発熱するタイプの下着は、肌の乾燥を促進させてしまうので注意が必要です。

もし発熱タイプの下着を着ていて背中ニキビができるときは、綿100%のキャミソールやランニングシャツを着てから上に発熱下着を着ると、ニキビが改善することがあります。

背中の皮膚に浸透する保湿が必要

ジェル

背中ニキビの改善には保湿が重要です。

お風呂上りにボディローションやジェルをつける習慣をつけましょう。

しっかりと肌の奥まで浸透する成分が含まれたもので保湿をするのが理想的です。

楽天ランキング1位「背中ニキビジェル」ジッテプラスが選ばれる理由