【背中ニキビの原因】漢方(東洋医学)では動物の脂が原因らしい

この記事をシェアする

東洋医学では背中ニキビの原因がどのように考えられているかについて紹介します。

漢方食材

背中ニキビの東洋医学的な見方

東洋医学では背中ニキビができる原因は体全体のバランスが乱れるために発生すると考え、背中ニキビも生活習慣や体質、症状などに合わせて総合的に判断することが結果的に背中ニキビの改善につながると考えられています。

また背中は顔よりも皮膚が厚くて皮脂腺が多く代謝もゆるやかであるため、治るまでに時間がかかりますが東洋医学の漢方を使うことで自然治癒力を高めて背中ニキビを治すと共に便秘や冷えなども治療を進めます。

糖質、脂質、動物性の脂がニキビの原因に

肉料理

東洋医学でニキビができる原因と考えるのは、体の熱と老廃物がそろうことでニキビができると考えるためです。

お菓子は糖質や脂質が皮脂の分泌を増やすことでアクネ菌の餌になりニキビになるのです。

肉など動物性の油やお菓子、加工食品などの過剰摂取や暴飲暴食は消化器に負担をかけて消化されずに血液が汚れて肌荒れになったり、ストレスや寝不足などで肝臓の働きが弱くなり老廃物が除去できずにニキビができやすくなるのです。

皮膚科でも漢方を処方するところがあります。漢方薬は個人の症状に合わせて処方し副作用のリスクが低く薬草や鉱物などを混ぜ合わせて作る薬で体質や心身のバランスを整えて改善します。

東洋医学では動物性の脂が多く含まれる食べ物はニキビを悪化させたりニキビの原因になるとも考えるため、漢方薬での治療だけではなく食生活の改善も必要ですね。

楽天ランキング1位「背中ニキビジェル」ジッテプラスが選ばれる理由