背中ニキビの原因がカビだった場合どうやって分かるの?アクネ菌との違いって?

この記事をシェアする

ニキビじゃない?マラセチア毛包炎って?

ニキビの原因は一般的にはアクネ菌という細菌の一種であるとされていますが、「マラセチア菌」というカビの一種によって引き起こされていることもあります。

このマラセチア菌は「肌カビ」と呼ばれることもあり、実はニキビとは別の「マラセチア毛包炎」という症状なのです。

アクネ菌もマラセチア菌も誰の肌にも存在している常在菌であり、バランスを保っているうちは有害なものではなく、むしろ肌を守ってくれている菌でもあるんです。

問題はこれらの菌が増えすぎてしまうこと。

皮脂が多く衣類で蒸れやすい背中ではニキビの原因菌が繁殖しやすくいつの間にか背中に赤いブツブツが大量発生していたなんてことも起こりうるのです。

アクネ菌とマラセチア菌、どう違う?

マラセチア毛包炎のイメージ写真

通常のニキビケアで背中のブツブツが治らない場合はマラセチア菌が原因かもしれません。

アクネ菌によるニキビとマラセチア菌によるニキビの見分け方

アクネ菌によるニキビは赤くはれ、痛みやかゆみを伴うものがほとんどです。

しかしマラセチア菌によってできたニキビは、小さくて赤いブツブツが広範囲にできて、はれている感じはなく、痛みやかゆみは軽度で、できても気づきにくいという特徴があります。

そのため、なにも処置を行わないままニキビがつぶれて色素沈着を起こし、跡が残ってしまうことがあります。

マラセチア毛包炎の治し方

背中のブツブツがマラセチア毛包炎であった場合、

  • 皮膚を清潔に保つ
  • 綿などの通気性のよい下着を着る
  • 免疫力を高める

といったことを実践することで自然治癒させることができますが、まずは確認のためにもいちど皮膚科へ行ってみることをおすすめします。

楽天ランキング1位「背中ニキビジェル」ジッテプラスが選ばれる理由