背中のニキビ跡が消えない理由って?ターンオーバーだけじゃ消えない色素沈着

この記事をシェアする

背中ニキビは顔と違い、人から見えにくい代わりにケアがしにくい厄介なものです。

そしてもう1つ厄介なこととしては、ニキビ跡が消えにくいという特徴もあります。

本来ならば時間と共にほとんどニキビ跡は残らないはずなのですが、一体何故背中ニキビではニキビ跡がなかなか消えないのでしょうか。

背中のニキビ跡の原因、色素沈着

背中の開いた服をきた女性3

それには色素沈着という問題があります。

これは炎症が起きている患部でメラニン色素が生成されてしまい、シミのような見た目で残ってしまうメカニズムが影響しています。

摩擦(まさつ)でメラニンが作り続けられる!

背中は顔とは違って紫外線を浴びることはあまりありませんが、その代わりに衣服による摩擦がつねに起こっています。

摩擦はニキビ跡(色素沈着)の元であるメラノサイトの働きを活発にしてしまうため、一度メラニン色素が生成され始めるとなかなか跡が消えないのです。

シミができる仕組みの図

メラニン色素が継続して生み出されることがニキビ跡が消えない原因なので、いくら肌がターンオーバーを繰り返してもきれいにならないのです。

じゃあもう諦めるしかないの?と思ったかもしれませんが、そんなことはありません。

メラニンの生成を抑えてニキビ跡を消そう

ニキビ跡が消えない原因である「メラニンの生成」を抑制してしまえば、肌のターンオーバーと共に色素が押し出されて、ニキビ跡は消えていきます。

メラニンの生成を止めるには?

背中と美白成分

ではメラニンの生成を止めるにはどうすればいいかというと、メラニンの抑制成分である「プラセンタエキス」「3-O-エチルアスコルビン酸」「プルーン酵素エキス」などを肌に塗布することで新たなメラニンを作らせないようにすることができます。

ニキビ跡ケア用のスキンケア商品を選ぶときは、美白効果のある成分が配合されているかどうか確認してみてくださいね。

効果の実証された薬用(医薬部外品)であるかどうかも選ぶポイントです。

背中の保湿、ニキビ予防、美白が同時にできる薬用ジェルなら【ジッテプラス】

ニキビ跡ケアは毎日の積み重ねが大切

ニキビ跡のケアはなによりも毎日コツコツと続けることが大切です。

きれいな背中をイメージしながら、未来の自分を楽しみに、ケアも楽しんでできるといいですね。

背中が見える服を着た女性2