背中ニキビと胸ニキビが同時にできて困るんだけど

この記事をシェアする

背中ニキビができるのと同時に胸ニキビができることはよくあります。

背中と胸って環境が似ていてニキビができやすいんです。

前にも後ろにもってほんとにいやになっちゃいますよね。

ここでは背中と胸にニキビができやすい理由と対策について書いていますので参考にしてみてください。

背中と胸(デコルテ)に同時にニキビができやすい理由

背中ニキビと胸ニキビ

理由1、汗が出やすい

背中や胸も汗をかきやすく、皮脂の分泌が活発になりやすい場所です。特に夏など汗をかきやすい時期は胸の谷間や背中に汗が付着してそのままとどまってしまうと、毛穴が詰まってアクネ菌の温床になります。

理由2、被服で蒸れて炎症を起こしやすい

服に覆われていることで蒸れやすく、アクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、ニキビができてしまいます。

理由3、顔に比べて皮膚が厚く毛穴が詰まりやすい

特に胸や背中の皮膚は、他の部分と比べて厚みがあるので、それだけ汗や皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

背中と胸はどちらもニキビができやすい環境として条件がそろっているんですね。

背中と胸のニキビを改善するには?

汗はこまめにふき取る

汗をかいたらふき取る、これ簡単にできたらいいんですけど、背中や胸の汗をこまめに拭くって現実には難しいですよね。

そこで!

ガーゼタオル

「汗をかきやすい季節の裏技」

汗をかいても下着を着替えるのはかなり大変。通勤時などこれから汗をかくと分かっているときは、ガーゼハンカチや薄手のタオルを背中にはさんでおき、職場についたらトイレでさっとタオルを抜き取ります。

オフィスワークならこれだけでかなり快適に朝をスタートできます。夏場は汗ではりつくので背中と服の間にはさんでおくだけで意外と落ちてこないんですよ。

でもやっぱり心配というときは市販の「スルッと脱げる 汗とりシャツ」を着てもいいですね。便利で安心です。

アクネ菌の繁殖を防ぐジェルなどを塗っておく

アクネ菌は肌の常在菌で誰の肌にも存在しています。ただ増えすぎると炎症をおこしてニキビになってしまうんですね。

そこでニキビによる炎症が起こらないように、また今あるニキビの炎症をしずめるために、消炎作用のある化粧水やジェルなどを利用します。
ジッテプラス

筆者のおすすめは【Jitte+(ジッテプラス)】

皮膚の厚い背中や胸に浸透しやすい先端技術が使われているので効果を実感しやすいというメリットがあります。

シャンプー、トリートメントが残らないようによく洗い流す

筆者はこれを実践するだけでかなりニキビができにくくなったんですよ。シャワーの最後に手で肌をさすって流す感じです。やりにくい場合は手ぬぐいを使うのもありですよ。

手ぬぐいを使って背中を洗う方法

⇒背中ニキビが治らない理由が分かったら簡単に治った