背中ニキビにベビーパウダーをつけるのはやめとけ!

この記事をシェアする

背中ニキビにベビーパウダーってどうなの?

背中ニキビにベビーパウダーをつけると治るという口コミがネットでありましたが、本当はベビーパウダーを付けることはニキビには良くないのです。

その理由について書いてみます。

ベビーパウダー

ベビーパウダーの成分とニキビ

まずベビーパウダーの成分ですが、商品によっても違いがあります。

タルクやコーンスターチや酸化亜鉛などが使われることが多いです。

赤ちゃんの肌に使われるという事もあり、安全で肌に優しい成分で作られています。

コーンスターチは、トウモロコシから出来ていますので食べることも出来ます。

タルクというのは鉱石を細かく砕いた粉末状の物です。

化粧品にもよく使われています。

よく聞くクレイパックというのは、これが使用されています。

ここまで聞くと、肌がサラサラになってニキビが治りそうなイメージがありますが、そうではありません。

ニキビにベビーパウダーが良くない理由

ニキビは、汚れや老廃物が毛穴に詰まってしまう事で炎症を起こしている状態です。

特に皮脂の分泌が多い所によく出来ます。

顔や背中はもっとも出来やすいところです。

毛穴が詰まってしまう原因は、ストレスや過労や自律神経が不調なときにも出来やすいです。

肌の新陳代謝が悪くなってしまうのです。

そこにベビーパウダーをつけると、粉と汗とが混ざり合い、毛穴をふさぐことで皮脂の排出をさまたげることになります。

ニキビに関する民間療法はたくさんありますが、ベビーパウダーについては使用しない方がいいというのが筆者の考えです。

⇒背中ニキビが治らない理由が分かったら簡単に治った