背中ニキビの原因、柔軟剤かも?エコで肌に優しい洗濯のすすめ

この記事をシェアする

柔軟剤が背中ニキビの原因になりやすい理由

背中ニキビの原因の一つとして、バスタイムのヘアトリートメント使用がありますが、柔軟剤も同じく背中ニキビの原因になります。

トリートメントの場合、付けてしばらく時間を置くあいだにトリートメントが背中にも広がって、シャワーでも落ちにくいため皮膚に膜を作る形となり、成分の化学物質も影響して背中ニキビが多発という事態に陥ります。

もちろん成分や肌に残った量にもよるんですけどね。

柔軟剤の使用も、ヘアトリートメントと同様の理由から、背中ニキビの原因になりやすいのです。

背中ニキビイラスト2

柔軟剤の成分と背中ニキビ

主な原因の一つが界面活性剤です。

柔軟剤に使用されているのは陽イオン界面活性剤と呼ばれるもので、皮膚への影響が強い成分といわれています。

洗濯洗剤に含まれているものはすすぎによって流れやすくなっているのですが、柔軟剤の場合、衣類に残すことで風合いを良くするので、香料成分とともに繊維に残り、肌に直接影響を与えることになります。

吸水性の低下も背中ニキビの原因に

さらに、柔軟剤で風合いがよくなった肌着は吸水性が低下していることがあります。

そのため、背中の汗が肌着に吸われることなく残ってしまい、蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

まさに、ニキビ発生の温床となってしまうのです。

汗に含まれる雑菌は、ニキビの原因そのものであるアクネ菌の炎症を悪化させる原因になりますので、背中ニキビ対策のためには、汗を吸いやすい清潔な肌着が必須となります。

柔軟剤を使わない洗濯のすすめ

背中ニキビの原因が柔軟剤かな?と疑いをもったときは、いちど柔軟剤を使わない洗濯をしてみてください。

良い香りやふんわり感は魅力ではありますが、合成化学物質が含まれている柔軟剤や洗剤の使用は見合わせて、無添加の粉せっけんなどを利用すると良いでしょう。

また、イオンの力で洗剤なしでも清潔に洗いあがる洗濯ボールの利用も効果的です。除菌効果でニキビの原因菌対策にもなり、洗剤が含まれた水で環境を汚さない、理想的なエコ洗濯が可能となります。

わたしの洗濯方法

管理人ぴかちゃんはセラミックを使用した「賢い洗濯ノススメ」という商品を使っていて、洗剤も柔軟剤も使わずに洗濯しています。

洗剤を使わなくても何の問題もなく洗えていますし、柔軟剤も入れませんがそこそこ柔らかく仕上がります。

よく出回っている「洗濯ボール」というものもあるのですが、洗濯ボールはニオイが気になるという口コミが多いです。

「賢い洗濯ノススメ」は抗菌作用があって干しているときも乾いたあともニオイが出にくいので気に入っています。

amazonで見てみる

*ただし冬場は静電気が起きやすいので、セーターやフリース、毛布などは普通に柔軟剤を使うことをおすすめします。

楽天ランキング1位「背中ニキビジェル」ジッテプラスが選ばれる理由