背中ニキビあるんだけど寝るときどうすればいい?横向きで寝るメリットとデメリット

この記事をシェアする

背中ニキビがあるときは横向きで寝よう!

横向きで寝ると、ニキビを悪化させない、痛みを感じにくいというだけでなく、疲れが取れやすいなど健康上のメリットもあります。ニキビが痛いとき、ふとんに擦れて悪化してしまいそうなときは横向き寝を試してみてくださいね。

横向きで寝る人

横向きで寝るメリット

1、ニキビの悪化をふせぐ

まずはやはりニキビがこすれたり、潰されたりしないということ、そして痛みがあるときは横向きで寝ることで痛みを感じにくくなります。

2、横向きで寝ると健康にも良い

横向きで寝ると健康に良いと言われるのには理由があります。

  • 気道が確保されて呼吸がしやすい
  • 呼吸がしやすいので睡眠中に疲れない
  • 酸素が全身に行き渡りやすい
  • いびきをかきにくい
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりにくい
  • 食後は右を下にして寝ることで、胃に残っているものが腸に流れやすくなる

疲れているとき人は自然と右を下にして横向きで寝るそうです。最も疲れが取れやすい寝姿勢を体は知っているんですね。東洋医学でも右を下にして、脚を少し曲げて寝るのが正しい寝姿勢とされています。

横向き寝のデメリット

肩が痛いパンダ

横向き寝をすると良いことばかりのようですがデメリットもあります。

  • 肩が痛くなる
  • 耳が痛くなる
  • 体の下側が圧迫されてむくみが出る

さきほど右を下にして寝ると良いと書きましたが、一晩中どちらか一方を下にして寝ていると、下になったほうの肩や腕が圧迫されて起きた時に体が痛くなることがあります。

枕の高さに注意

横向きで寝るときは少し高めの枕を使うと肩の痛みをふせぐことができます。横向き寝専用の枕を使うと快適に眠れるようです。枕の耳の部分に穴が開いているなど気が利いています。

amazonベストセラー1位の横向き寝枕

仰向けで寝るのはダメなの?

横向きで寝るのが良いとは言っても、仰向けで寝るのが悪いということではありません。あまり疲れていないときは仰向けで寝ても十分に疲れをとることができます。疲れを感じているときや、より深く眠りたいときは横向き寝が効果的ということです。

ちなみにうつぶせ寝は仰向けや横向きよりも疲れがとれにくいそうです。

背中ニキビを早く治すためには深く質の良い睡眠を

寝る猫

横向きで寝ると良いとは言っても寝ているときは無意識なので、寝返りをうったり仰向けで寝たりもしてしまうと思います。

それでも入眠直後は睡眠が深くなりますし、深い睡眠を楽な姿勢で取ることができれば疲労回復にもつながります。心身の疲れをとること、睡眠でストレスを取り除くことで、自律神経の働きが正常化され、抵抗力が高まり、ニキビができにくい体質になります。

質の良い睡眠がニキビの改善につながりますので、背中ニキビがつらいときは入眠時だけでも横向き寝を試してみてくださいね。

⇒背中ニキビが治らない理由が分かったら簡単に治った