ニキビ肌には直接ビタミンCを補給するのが効果的な理由

この記事をシェアする

ニキビ肌には直接ビタミンC誘導体が効果的

ニキビを治すためにビタミンはとても大切です。肌を修復してくれるビタミンBやCはとくに重要なんですが、体内からの摂取では肌表面まで効果が届きにくいのです。

ニキビにビタミンCが有効なのは事実ですが、その効果を最大限に発揮させるためにはぜひ「ビタミンC誘導体」を肌に直接与えてみてください。

【おすすめ】
最先端ビタミンC誘導体化粧品「シーボディ VCシリーズ」

お肌にも体調にもビタミンCが効く理由

レモン

ビタミンCありふれた栄養素ですが、美肌にも健康にも重要かつ必要不可欠な栄養素。

これがたっぷり補給されているか、不足しているかで肌の調子に雲泥の差が出てきます。

なんか調子悪い・・・それ、ビタミンC不足が原因かも

ビタミンCが足りないことで起こる体とお肌の不調

  • 免疫力が弱まって風邪を引きやすくなる
  • 疲れがとれない。疲労感。
  • 胃腸が弱まり便秘や下痢になる
  • 歯茎から血が出る
  • 貧血になりやすい
  • 肌がたるむ
  • シミやニキビ跡ができて治らない
  • ニキビができやすくなる

疲れている女性
ビタミンCは体の中でさまざまな働きをし、免疫力を高め、ストレスに対抗し、お肌を守ってくれています。
上記の症状がある場合はビタミンC不足が原因かもしれません。

一日に必要なビタミンCってどのくらい?

で、いったいどのくらいビタミンC摂ればきれいな肌になれるの?ってことなんですが、一日に必要なビタミンCの摂取量は100mgとされています。

ただし美容目的の場合は一日に2,000mgの摂取が必要と言われています。

すいぶん差がありますね。

理由は、ビタミンCをたくさん体内に取り込んでも先に脳や内臓のほうに取られてしまって、肌表面の修復はあと回しになってしまうから。

逆に言うとビタミンCがたっぷり補給されていれば健康かつ美肌でいられるということです。

何を食べれば良いの?

ビタミンCを摂るには何をどのくらい食べればいいのでしょうか?

ビタミンC含有量の一番多い赤ピーマンで約12個。
赤パプリカ
ビタミンCの多い食品(100gあたりの含有量)

赤ピーマン(170mg)、黄ピーマン(150mg)、パセリ(120mg)、ピーマン(76mg)、ゴーヤ(76mg)、キウイ(69mg)、イチゴ(62mg)、レモン(50mg)など。

ビタミンC2,000mgを食べ物から摂るのはけっこう大変です。

シミ消しや美容目的の場合はサプリで手軽に摂取したほうが良さそうですね。

ビタミンCの効果

ビタミンCをたっぷりと摂取することで得られる効果は次のとおり。

美肌になった女性

  • シミの予防と改善(メラニン色素を抑制する)
  • しわの改善、肌に張りが出る(コラーゲンの生成に役立つ)
  • ニキビの予防と改善(抗炎症作用と皮脂分泌を抑える働きがある)
  • 毛穴が引き締まる(皮脂分泌を抑える)
  • 疲労回復、老化防止(活性酸素を抑制する)

ビタミンCは美肌にかかせない大事な栄養素なんですね。

もっと効率良くビタミンCを摂れないか?

食べ物から摂るのでも、サプリを飲むのでもいいですが、先ほども書いたようにビタミンCがお肌のために使われるのは一番最後なんですよね。

サプリでビタミンCを摂る場合の1日摂取量には上限があって2,400mgが最大なんです。

さらにビタミンCは体内に吸収されてから体の各器官に届けられるまでの間に壊れてしまう分もかなりあるとか。

一日の上限2,400mgではたして望むような美容効果が得られるか?

ちょっと不安ですよね。

ニキビとかクレーターとかシミとか赤みとか、そんな肌の悩みを解決したいのだから確実な効果が欲しいですよね。

それならばもう体の中からではなくて、肌表面から直接ビタミンCを摂取してしまえばいいのでは?

ということで、きっとあなたも聞いたことがある「ビタミンC誘導体」の登場です。

化粧品をつける女性

ビタミンC誘導体とは

お肌に直接ビタミンCを届けるといっても、ビタミンCをそのまま顔に塗ってもダメなんですよね。

しっかり肌の内部に浸透させないと効果がありません。

そこでビタミンCを肌の内部にしっかりと届けるために「誘導体化」したものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体を配合した化粧品の効果

ビタミンC誘導体から美肌効果を得るためにはビタミンC誘導体が配合された化粧品を使う必要があります。

けっこうたくさん化粧品は出ているので気になったものを試してみるといいと思います。

ただちょっと注意して欲しいのは、ビタミンC誘導体は肌につけるとピリピリしたり刺激を感じる人もけっこういるので、ニキビができていたり肌荒れを起こしている場合は、肌に優しい処方のものを選ぶようにしてください。

もしどれを選んでいいか分からないときはニキビ肌にやさしい「VCシリーズ」を試してみてください。

VC200set
シーボディの「VCスターターセット」7日分です。

VCスターターセットをおすすめする理由

    1. ニキビ肌用に作られているので肌に優しい
    2. 最先端技術で開発された「超ビタミンC」が配合されている
    3. ニキビ、ニキビ跡の改善に効果を発揮する処方になっている
    4. 薬用なので効果が実証されている

ビタミンC誘導体化粧品の中でもVCシリーズはニキビ肌にやさしい処方になっています。

シーボディ「VCシリーズ」公式サイトで詳細を見る

VCスターターセット使ってみました

筆者も実際に使ってみました。

化粧水はサラッとしていて肌につけるとぐんぐん吸い込まれていきます。

しっとり、でもべたつかず、ほどよい潤い感です。無臭です。

VCローション(化粧水)↓
VCローション

次は美容液。

とろみがあり、つけてすぐはぺたっとしますが一瞬で肌に馴染んでいきます。

VCエッセンス(美容液)↓
美容液
VC美容液

最後にクリームでしっかりお肌を保護します。

しっとりもちもちの仕上がりです。

VCビタール(クリーム)↓
クリーム

VCシリーズの口コミ・評判

良い口コミ

ネット上の口コミを見てみると、

  • 最新型ビタミンC誘導体と言われていたAPPSよりさらに新しい技術が使われていて効果を実感するのが早かった。
  • 肌がもちもちになって弾力が出た
  • 赤ニキビや小さなブツブツが良くなってきた
  • ニキビ跡が目立たなくなった
  • 敏感肌だけど刺激を感じることなく使えた
  • 今までいろいろ使ってきたけどVCシリーズがいちばん効く

と良い意見が大多数でした。

悪い口コミ

逆に悪い意見はというと

  • 肌がつっぱる感じがする
  • 化粧水をコットンにつけると泡立つ
  • 効果がよくわからなかった
  • 値段がちょっと高い

というものでした。

肌がつっぱる感じというのは高濃度ビタミンCを使ったときにわたしも感じたことがあります。VCシリーズではまったく感じなかったんですがお肌の敏感な方だとつっぱりを感じることがあるかもしれないですね。

化粧水が泡立つのはビタミンC誘導体の性質でとくに悪いことではないんですが最初はあれって思うかもしれないですね。

お値段はやはり最新技術が使われている化粧品がプチプラってことはないので。高い=効果があるではないけれど、ある程度は効果と価格は比例するのかなと思います。

シーボディ「VCシリーズ」公式サイトで詳細を見る

外からも内からもビタミンCを補給しよう

健康のためには内側から、美肌のためにはお肌に直接、ビタミンCをたくさん取り入れるようにしたいですね。

わたしは5年くらいはビタミンC配合の化粧品を使っているんですが、これからはVCシリーズでいこうと思っています。

*VCシリーズはリニューアルされて商品名や成分が変わっていますが20年以上の歴史ある商品です。

VC200set3

今使うなら絶対これ!と言いたいVCシリーズなんですが、原材料の超ビタミンCというものが希少なものらしく、トライアルセットの販売が月にたったの200個なんだそうです。

ニキビを早く治したいあなたは今すぐチェックしてみてくださいね。

シーボディ「VCシリーズ」公式サイトで詳細を見る