ニキビがひどすぎて同窓会に行けない!そんなときの応急処置3つ

この記事をシェアする

同窓会の案内状が届いてどきどきわくわく。

「でも待てよ。わたしの顔は今ニキビで大変なことになってるんだ。こんな顔久しぶりに会う同級生に見せられない。でも同窓会には行きたいな。好きだったあの人にも会えるかもしれないし。どうにかすぐにニキビを治す方法はないの?

なんてときありますよね。

もうすぐ友達の結婚式とか、1週間後に卒アル写真の撮影だとか、そんなふうに素早くニキビをなんとかしたいときの対処法を書いてみました。

さすがにあと3日!ではたいしたことはできませんが、1週間あればけっこうなんとかなります。諦めずにできることをしてみましょう。

1、とにかく寝る

寝る猫
理想的な睡眠時間は7時間~8時間程度とされていますが、これは人間の体を長期的総合的に見た場合であって、お肌をすばやく修復したいときは睡眠時間を長くとるのがおすすです。

かつて夜22時から2時までがお肌のゴールデンタイムと言われていましたがこれは誤りだということが近年解明されました。実は「いつでも寝ているときがお肌のゴールデンタイム」なのです。何時に寝ていようと成長ホルモンは分泌されています。

寝ている間は余計なエネルギーを使わず、お肌の修復と生まれ変わりにエネルギーを使うことができます。

お肌の状態を良くしたいときはできる限り睡眠時間を多くとるようにしましょう。

2、体温を上げる

汗を拭く女性
体を温める「温活」が流行っていますが、体温を高く保つことで体の機能が正常に保たれ、ストレスが軽減され、新陳代謝が活発になります。

お肌もどんどん活性化されて、毒素が排出され、ニキビもできにくくなります。

逆に体が冷えていると体にも心にも負担がかかってしまいます。

お肌の状態は、体と心の状態が外に現れたものです。体と心を健康にしてすばやく輝くお肌になるために体温を高く保つようにしましょう。

3、手作りスムージーを飲む

ジュース
酵素の力はあなどれません。

スムージーとは葉物野菜とフルーツをジュースにしたもの。ジュースにすることで消化の負担を減らし、酵素が消化以外のところ(肌の修復や脂肪の分解)で有効に働いてくれるようにします。

スムージーを飲むと「お肌のキメが整い」「肌色が明るくなり」「シミが薄くなり」「ニキビ跡も目立たなく」なります。今あるニキビの改善効果も期待できます。

わたしの実感としてはスムージーを飲んで3日目で「あれ、なんか違う?」と思っていると、1週間くらいして周りから「痩せた?」「肌きれいになった?」とか言われるようになったので即効性はあると思います。

応急処置期間中はスムージーを1日に1リットル程飲むようにします。その他の食事は何を食べても大丈夫ですが、スムージーでかなり満足感が得られるので自然とその他の食事の量は減るでしょう。

おすすめ簡単スムージーレシピ

  • リンゴ1個
  • みかん1個
  • バナナ1本
  • サラダほうれん草(チンゲンサイでも可)4分の1袋
  • 水200cc
    (*ショウガ少々)

材料をすべてミキサーに入れてジュースを作ります。作ったジュースは24時間以内に飲みきるようにしましょう。*ショウガを少し入れると温活も同時にできて効率的。ショウガが苦手でなければぜひ試してみてください。