今すぐやめて!ニキビ肌がヒリヒリするときのNG行為3つ

この記事をシェアする

ニキビ肌のヒリヒリがツライときにしてはいけないこと

NGの画像
化粧水をつけるとニキビがヒリヒリする、そんな経験はありませんか?

ひどくなると水で洗顔しただけでも痛くてどうしていいかわからなくなってしまうんですよね。

そんなときについやってしまいがちな、でも実はお肌の状態をさらに悪化させかねないNG行為。

あなたはやっていないでしょうか?

チェックしてみてくださいね。

1、ニキビケア化粧品を使う

「いや、ちょっと待って、ニキビがあるからニキビケア用化粧品を使ってるんだけど!!」

って声が聞こえてきそうですが、肌がヒリヒリ、ピリピリしたときはニキビケアはストップなんです。

それはなぜか?

肌がヒリヒリするとき、肌の状態がどうなっているかというと、肌表面のバリア機能が破壊されてしまって化粧品や外部からの刺激がダイレクトに肌の内部まで届いてしまう状態になっています。

通常健康な肌であれば肌の表面はしっかりと表皮で覆われていて外部の刺激から守られていますが、肌の表面が傷ついた状態だと刺激が肌の内部まで侵入しヒリヒリ、ピリピリしてしまうんですね。

バリア機能の弱まった肌にニキビケア化粧品の殺菌成分や炎症抑制成分は刺激が強すぎてお肌の状態を悪化させてしまいかねません。

こんなときはニキビケアを一時中止して肌のバリア機能の回復を待ちましょう。

砂時計

2、ピーリング作用のある洗顔料や化粧品を使う

肌が敏感になっているときって肌に「皮むけ」が起きていてカサカサしていることがあります。

これを肌の新陳代謝がうまくいっていないせいだと思ってピーリングをして皮を取ってしまおうとピーリング作用のある石鹸や化粧品を使うのは絶対ダメです。

なにより必要なのは肌のバリア機能を回復させることであって、ピーリングをするのは逆効果です。

また単に乾燥のせいだと思ってたくさん化粧水や乳液をつけたりするのも良くありません。

化粧品の成分が刺激になると痛みやかぶれの原因になるからです。

3、洗顔料や基礎化粧品を変えてみる

化粧品が合わないせいで肌がヒリヒリするのかも?そう思って洗顔料や化粧品を変えてみる。

これは間違いではありません。

ただ新しく使ってみる化粧品は何でもいいわけではなく、お肌に優しく刺激の少ないもの、さらにお肌のバリア機能を回復させてくれるものに変えないと意味がありません。

別のニキビケア化粧品を使ってみたり、お肌のバリア機能を回復させてくれないものに変更するのはNGです。

お肌のバリア機能を回復させてくれる化粧品はいくつかありますが、ニキビ肌はニキビの炎症や化膿、さらには潰れてしまったニキビがお肌にあったりして、単なる乾燥によるバリア機能の低下とは違い、お肌がとても傷ついた状態にあります。

もしかすると通常の敏感肌用化粧品でも刺激を感じるかもしれません。

ニキビ肌のヒリヒリの治し方

ニキビ肌がヒリヒリするとき、肌を回復させるための保湿剤としてわたしのおすすめは「ファムズベビー」です。

ファムズベビー泡

ファムズベビーは赤ちゃんのアトピーや肌のかぶれを治すために作られたもので、肌にバリアを作ってしっかりと肌を保護してくれます。

保湿効果も高いので他の化粧品を使わなくてもファムズベビーだけで化粧水、乳液、クリームの代わりになります。

わたしは長年ニキビが治らなくて敏感肌用化粧品もあれこれ試してみましたが、ファムズベビーが一番肌に優しく、肌の回復も早いです。

今でも肌が敏感になっているときはファムズベビーに助けられています。

良かったらチェックしてみてくださいね。

『ファムズベビー』公式サイト