脚が全体的に赤紫色っぽくまだらになっている原因と解消方法

この記事をシェアする

脚

先日キッチンで洗い物をしてたとき、「なんか脚がだるいなー」と思ってふと振り返って自分のふくらはぎを見てみたんです。

すると!!

脚が全体的に紫っぽいような赤紫っぽいような色でまだらになっていたんです。どす黒い感じもする脚の皮膚の中で毛穴部分だけがプツプツと白く目立っていました。

そしてまるで大根のようにむくんでいる・・。

いったいこれはどういうこと!?何かの病気!?びっくりしたわたしはさっそくあれこれ調べてみました。

脚のまだら模様、それはリベドー(網状皮斑)かも

わたしの足の紫まだら模様はどうも「網状皮斑(通称リベドー)」と呼ばれる症状にあてはまるようでした。リベドーには種類があって3タイプに分けられるようです。

  1. 大理石様皮斑
  2. 網状皮斑
  3. 樹脂状皮斑

それぞれ、大理石の模様みたいだったり、網目状だったり、樹脂のような模様だったりするようです。

網状皮斑(リベドー)の画像

網状皮斑(リベドー)の画像はこちらをクリックして見てみてください。「リベドー 太もも」の検索結果の画像が表示されます。

わたしの場合はこちらの画像にあるよりももっと細かい網目状のまだらが出ていました。

網状皮斑(リベドー)の原因

リベドーになる原因は

  1. 冷え
  2. 血行不良
  3. 血液の酸素不足

ということで、冷えとか血行不良とか「まぁそうだろうな」と思える原因です。すごく脚がむくんでいる感じがしましたし血液やリンパの流れが悪くなっているんでしょう。

もうひとつの原因「血液の酸素不足」とは何でしょうか?これは「呼吸が浅い」とか「息が止まっていることがある」とかいったことが原因で体内の酸素濃度が下がってしまう症状です。

わたしこれすごく思い当たるんです。肺活量の問題だと思うんですが、息を深くしようと思っても難しく、少ししか吸えないし少ししか吐けません。

呼吸が止まるというと「睡眠時無呼吸症候群」が思い浮かびますが、起きているときでも緊張しているときやストレスがかかっているときは無呼吸になりやすいそうです。

リベドーになりやすい人

もともと血管が弱く、ちょっとしたことで内出血を起こす人がリベドーにもなりやすいそうです。

これもすごく思い当たるんです。例えば床の拭き掃除をしていて、ちょっとひざを床につく(5秒くらい)ともう膝が内出血してるんです。自分でもびっくりです。中高生のときには体育の授業でバレーがありましたが授業が終わると100%手首に青アザができてました。

血管の弱さは生まれつきだったり、栄養不足だったりが原因のようです。

リベドーの解消方法

リベドーには先天性のものもあるようですが、ここでは突発性の一時的なリベドーの改善方法について書いています。

原因が「冷え」「血行不良」「酸欠」ということなので、これらを改善すればリベドーの症状も解消されます。

  1. マッサージをする
  2. 体を温める
  3. 運動をする
  4. 意識してしっかり呼吸をする
  5. 水分をこまめに摂る
  6. 着圧ストッキングをはく

マッサージや運動をして血液循環を良くすることと、呼吸をしっかりすることを心がけて、血液が末梢神経までしっかりと行き渡るようにすれば自然に解消します。

わたしはマッサージをしてみたのですが翌朝には治っていました。

着圧ストッキングや着圧タイツを履いて足の血流を良くするのもいいみたいです。

突発性のリベドーの場合はすぐに解消できるようですね。

リベドーの症状が治らないときは?

もし改善方法を試してみても治らないときは他の病気(膠原病、クリオグロブリン血症)とからんでいることがあるようなのですぐに病院へ行ってくださいね。

さいごに

ふくらはぎが突然むらさき色になって大根みたいにむくんでたので本当にびっくりしました。

普段からマッサージをして、呼吸も意識してしっかりしないといけないですね。

それと以前から冷えが気になっていたので血液循環をよくするサプリもこの機会に飲み始めることにしました。夏でも冷房で足元から冷えてくるので気を付けたいです。

血管も強くなって欲しいですが、自分でできることと言えば栄養をしっかり摂ることと、健康的な生活をするということくらいでしょうか。

生まれつきの体質というのはあるので、ときどき不具合も起こりますが自分を大切にやっていきたいと思います。