眉間のニキビが治らないときは要注意!それって病気のサインかも

この記事をシェアする

眉間のニキビが治らないのは肝臓が悪いから!?

眉間のニキビ

内蔵の不調は顔に現われる

「眉間のニキビが繰り返しできる」
「なかなか治らない」
そんなときはちょっと注意が必要です。

なぜなら眉間に表れる症状は肝臓の状態を表しているからです。

マクロビオティック望診法によると、内臓の不調は必ず顔に表れ、肝機能が低下していると眉間にシワが出たりニキビができたりと、なんらかの症状が現れるそうです。

マクロビオティック望診法とは中国医学の診断法のひとつで、体や顔を観察することで健康状態を知ることができるとされています。

眉間にニキビができたときは肝臓に負担がかかっていないかチェックしてみてください。

参考文献:『自分の顔を見るのが好きな人は病気になりにくい』山村 慎一郎(著)

肝機能低下の主な原因4つ

胃が痛いふたり
肝臓が悪くなるのはどんなときでしょうか?

肝機能低下の原因としては主に次の4つが挙げられます。

1、アルコールの摂取

つきあいやストレスなどでついお酒の量が多くなってしまうことはないでしょうか。

1日のお酒の適正量は
・ビール、缶酎ハイで500~1000ml
・ワイン、日本酒で180ml~360ml
までとされています。

アルコールの過剰摂取は脂肪肝をまねき、アルコール性肝炎を引き起こす原因になってしまいます。

2、脂質、糖質の摂り過ぎ

脂質は、肉類・乳製品・洋菓子・スナック菓子などに多く含まれています。

糖質は炭水化物(ごはん、パン、麺類)、いも類、フルーツ、和菓子に多く含まれています。

脂肪や脂質の摂り過ぎもまた脂肪肝のもとになります。

3、暴飲暴食

アルコール、脂質、糖質に限らず、食べ過ぎ飲み過ぎは胃や腸をはじめとして身体全体に負担をかけてしまいます。

肝臓の負担も大きくなり機能低下を引き起こします。

4、寝不足、過労

肝臓の役割は「代謝」「解毒」「エネルギーの貯蔵」「胆汁の生成」です。

肝臓はとても働き者ですが、寝不足や疲労が続くと、肝臓も機能が低下し、低下した機能を回復できない状態が続くと肝臓の不調だけでなく、身体全体の不調につながります。

肝機能低下が引き起こす肌への影響

悩む女性
肝機能が低下してくると、肝臓から脳へ「もう疲れたから休ませてー」と信号が送られます。

これが「疲労感」「倦怠感」となって現われます。

ここで十分な休息をとって肝臓を休ませることができればいいのですが、生活が忙しくて休息がとれなかったり、飲酒や暴飲暴食を続けてしまうと肝臓は機能を低下させたまま、その役割を十分に果たせない状態になってしまいます。

その結果、肌荒れが起きたり、ニキビ・吹き出物ができたりします。

肝臓の健康度チェック

カルテをもったお医者さん
肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように負担がかかっていても自覚症状がほとんどありません。

気付いたときには肝臓病が進行してしまっているということも考えられます。

眉間のニキビだけでなく、以下の症状が当てはまらないかチェックしてみてください。

  • 疲れがとれなくていつもだるい
  • 朝起きにくい、眠気がとれない
  • 食欲がないことがたびたびある
  • 風邪の初期症状のような状態が続く(微熱、喉の痛み、吐き気、寒気など)

このような症状がある場合は、一度健康診断を受けてみることをおすすめします。

肝臓の不調を改善する方法

肝機能が弱っているかも・・・?

そんなときは次の点に気をつけて生活をしましょう。

  • アルコールの摂取を控える
  • 糖質、脂質の摂取を控える
  • ビタミンを十分に補給する
  • 十分な休息をとる

アルコール、糖質、脂質の取り過ぎは肝臓病のもとです。食べ過ぎ飲み過ぎは控え、栄養素をバランス良く摂るようにしましょう。

肝臓に負担がかかっているときはビタミンの消費が激しくなります。

ビタミン類はB群、C、Eなどすべてのビタミンが揃ってはじめて効果的に働くので、偏りのないよういろんな種類の食品を食べるようにすることが大事です。

サプリメントで補給する場合はマルチビタミンがおすすめです。

そして、十分な休息をとりましょう。

慢性疲労は肝臓だけでなく体のさまざまな不調を招く原因になります。

病気になる前に体をよく休ませるようにしてくださいね。

まとめ

眉間のニキビが治らないときは肝臓の不調が原因かも。

不眠や疲労感など体調不良を伴う場合は内科を受診してみましょう。

普段の生活では飲み過ぎ食べ過ぎに注意し、疲れをためないようにしっかりと休むようにしましょう。